お肉の豆知識

似ているようで全然違う 『和牛』と『国産牛』

2014/05/01

スーパーなどでは、パッケージに「和牛」「国産牛」「輸入牛」などのラベルが貼ってある牛肉をよく見かけますね。
「輸入牛」は文字どおり、オーストラリアやアメリカなど海外から輸入された牛肉です。

では、和牛と国産牛では何が違うのでしょう?

国産牛=和牛というイメージがありますが、そうではありません。

「和牛」は、日本古来から存在する食肉用牛4品種と、これらを交配して生まれた交雑種などのことを指します。

「国産牛」は、国内で飼育された牛の総称で、一定期間以上国内で飼育された牛のこと。

具体的には、ホルスタインなどの乳用牛と黒毛和牛を交配させてできた交雑種などを指します。

和牛の90%を占めているのが、「黒毛和種」。
細かな霜降りがあり、味のまろやかさは抜群です。
ヨシオカでは和牛と呼ばれる「鹿児島県産黒毛和牛」(鹿児島黒牛)を
中心に「松尾勝馬牧場 伊萬里牛」「佐賀牛」をおもに取り扱っております。

国産牛と和牛

 

一覧にもどる

PAGETOP